海洋深層水処理がナス果実中のポリフェノール(ナスニンクロロゲン酸)含量に及ぼす影響について


<< 目的 >>
高知県では現在、水産ならびに食品分野で海洋深層水が利用されており、農業分野での利用が期待されている。ここでは、ナスの施設栽培における海洋深層水の使用が果実中のポリフェノール含量(ナスニンクロロゲン酸)に及ぼす影響を公的機関に分析依頼をし明らかにする。

<< 方法 >>
1)実施場所 室戸市羽根町
2)試供材料 普通なす(品種;竜馬)
3)試験区の構成 同一ハウス内に無処理区、深層水使用区を設置し比較
4)調査方法
(1)クロロゲン酸 無処理区、深層水使用区の果実を社団法人日本食品衛生協会高速液体クロマトグラフィー法でクロロゲン酸の分析

結果1:クロロゲン酸
(2)スーパーオキ
シド消去活性
無処理区、深層水使用区の果実を財団法人日本食品分析センター電子スピン共鳴(ESR)法でスーパーオキシド消去活性の分析

結果2:スーパーオキシド消去活性