室戸岬 植物(ヤッコソウ)
地域:室戸市室戸岬町 住所: (2007年11月18日現在)

室戸岬 植物 ヤッコソウ

26番札所 金剛頂寺(西寺)の広大な境内では四季折々の風景が楽しめ、秋には天然記念物の奴草(やっこそう)が群生し見ごろとなってます。大名行列の先頭を行く「奴」の人形に似ていることからこの名が付いたということです。このヤッコソウはシイ(椎)の木などの根本に寄生する植物で1896年に山本一教諭が発見、牧野富太郎博士が新属新種と確認したと言うことです。自生地は南四国・南九州の暖かい地域で、この室戸が最北限。第24番札所 最御岬寺(東寺)でも見られます。